どんな人から買いたい?




私が新人さんが入ってきた時にお話すること。




まず、自分はどんな人だったら話を聞く?

どんな人だったら好感を持つ?

どんな人から物を買いたい?



これを紙に書いてもらってます。



自分が話したい!

自分が好きになる!

この人が薦めるものだったら、買っちゃうかも?


っていう人に、自分がなれているかどうか?


私だったら、

明るくて、元気で、何を聞いても誠実に答えてくれて、親身に相談に乗ってくれそうな人、オーラがあってエネルギーの高い人と話したい!



そう思っています。


だから、自分がそうであるか?

いつも自問自答しています。



何を買うか?

それも大事ですが、それよりも何よりも大事なのは…


『誰から買うか?』

をお客様、クライアントは

考えています。


だって、自分がそうじゃないですか?



以前、blogで


甲子園のビール売りに学ぶセールスの極意

https://bit.ly/3QxI64X


を書きましたが、まさにここにヒントがあります。



私が何かを買う時には、

絶対、お値段以上の『価値』


そのものの価値だけじゃなく

それを手に入れた時の『気持ち』

も含めて自分がワクワク、ウキウキするもの、

することを考えます。



皆さんはどうですか?



多分、みんな一緒だと思います。

気持ち乗らないのに買わないですよね…


縁が無かったと諦めます。



提供する側に立っても、

それを手に入れる側の気持ちになって考えます。


辿々しく、自信なさそうに説明されたものを皆さんは買いますか?


では、提供する側はどうしたらいいか?

自ずと答えは出てきます。



自分がどうあるべきか?

もう一度、洗い出してみて下さい。


自分が、自身から買いたい人になる!


そこが、セールスの原点だと思います。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示